ニートが怖くて生きていけるか

年収780万を捨てて我が道をゆく

伊豆大島のお土産は、伊豆大島限定販売の生の椿油がいいんじゃないかな

f:id:hrmch-ioii:20170517222534j:plain

元プロの社畜 @nabeemichi です。

ゴールデンウィークも終わったので、家族で伊豆大島に行ってきた。

www.nabehiromichi.com

僕は基本的にあんまりおみやげかわないんだけど、

今回は、伊豆大島でしか買えない 生の椿油 を見つけたので買ってみた。

いや、嫁に買わされたってのが正しいが…

お土産はそこでしか買えないからいいんだよ。ネットで買えるお土産ってなんか意味あるのかな?

僕が基本的にお土産買わない理由は何個かあるんだけど、

最近はamazonとか楽天とかでお土産買えたりする。

まぁ、こういうシステムは昔からあって、旅行会社でパッケージツアーとかやると

旅行前にお土産買っておけるサービスとかあったんだけど、

ネットショップで買えるとなると、

いつでも買えるからここで買わなくていいや。

ってなって、結局何も買わない。

なんなら、帰ってきてからもネットショップでも買わないんだけどね。

どこでも買えるものって、お土産なのかな?


こんだけネットショッピングが当たり前になってしまったら、

今後価値が出てくるのは、

そこにしかないもの

とか

そこでしか体験できないもの

に価値が上がっていく。

どこでもいつでも買えるものには、わざわざ現地に行って買うことはないのだ。


そんななか、伊豆大島では、伊豆大島限定発売のお土産を見つけた。

伊豆大島は椿が有名

伊豆大島では、1月下旬から3月下旬に椿まつりが行われるくらい椿が有名。

世界的に権威がある国際ツバキ協会が認定するつばき園もある。

2016年は、大島公園、大島高校、椿花ガーデンが認定されているくらいだ。


この時期は、伊豆大島への船を運行している東海汽船からも、椿祭りのツアープランが出てたりするので、

時期的に興味ある人は 伊豆諸島へ行く船旅・ツアー/東海汽船株式会社 をチェックしてるといい。

生の椿油は大島限定でおみやげとしての値段もお手頃

伊豆大島の椿油はもともと有名で、ネットとかでも売ってる。

だけれど、僕が買った 生の椿油 はさすがにamazonとかではみつからなかった。

伊豆大島限定販売だしね。あたりまえか。

f:id:hrmch-ioii:20170517225204j:plain

この椿油は、非加熱製法で従来の加熱製法に比べて、保湿力が2.5倍もあるものなんだって。

皮脂に近いオレイン酸が95%以上あって、浸透力がありお肌がしっとりするもの。


容量は15mlだから量は多くない。ポケットに入れれるサイズで持ち運びにちょうどいい感じ。

f:id:hrmch-ioii:20170517230511j:plain

これで値段は1000円ちょっと。

1000円出したら、2、3倍くらいの容量の椿油(生じゃないやつで大島のもの)を買えるから

それと比べたら高いけど、

おみやげの値段としては

誰かに買っていこうかな!

って思えるいい感じの値段。


箱の裏には使い方とかも書いてあるし、女性にお土産としては喜ばれるかも。

僕は元町港のフェリーターミナルで購入したから、船を待っている時間とかに購入できる。


買ってきて僕もつかってみたけど、顔に塗ったあともベタベタしない。

ちなみに嫁には、あんたなんかに塗ってなんか意味あんの?

っていう適切な指摘をもらった。

うん!特に美容とか気にしてないし、鏡なんてほとんどみないし、町歩いてても誰も自分なんてみてないから男の僕には意味ないかも…