ニートが怖くて生きていけるか

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニートが怖くて生きていけるか

年収780万を捨てて我が道をゆく

Excelはいらない。編集からPDF出力までGoogleがサポートしてくれてる

f:id:hrmch-ioii:20170403174057j:plain

元プロの社畜 @nabeemichi です。

Excelってのは、便利だ。

会社で最も使われているツールだと思う。

ファイルでの共有や請求書作るのもExcelだったりする。

でも、Mac使ってたりするとExcel買う気にはなれない。

Windows使ってても買う気になれないけど。

そんなとき、GoogleChromeのエクステンションを発見した。

これと、Googleスプレットシートを組み合わせれば、だいたいのことはできそうだ。

Excelを購入したくない。だってほとんど必要ないもの

Excelは有償でそこそこのお値段がする。

17000円くらい。

ただ単に、Excelファイルの共有やPDF作成だけだったら、

フリーソフトのOpenOfficeやLibreOfficeで代替できる。

高度な計算とかしなくていいなら、もうこっちで十分だ。

Excel代替フリーソフトも使いたくない。

最近は、これらのフリーソフトも使う気がしない。

出先でファイル開くときに、自分のパソコンを持ってないとファイルにアクセスできない。

Googleドライブにでも入れておけばいいけど、

必要なものしかわざわざアップしない。

だって、アップするのめんどくさいから。

最初からクラウド上で作業していれば、アップする必要もないのだけれど、

これらのフリーソフトはパソコンにインストールしないといけないから、できない。

もちろんこれらのフリーソフトがインストールされてないパソコンでは、編集はおろか見ることもできない。

Excel形式のファイルをPDF化しようとすると文字化けしたりだってする。

ちょっと面倒くさい。ソフトによって、できないことが多い。

同じExcel形式のファイル取り扱えるのに。

Googleがサポートしてくれてるなら、もうこれでいい。

GoogleChromeブラウザが拡張機能を出していた。

chrome.google.com

この拡張機能とGoogleスプレットシートを使えば、PDF化までできる。

こんな時には、こいつを使えば十分対応できる。

  • フォーマットがExcelで作られてる。
  • 最後はPDF化したい。
  • Excelのライセンスは持ってない。

ExcelをPDF化するまでの流れ

拡張機能をインストール後

f:id:hrmch-ioii:20170403170516p:plain

ブラウザ右上にインストールした拡張機能が出て来るので、クリック。

あとは、ブラウザにExcelファイルをドラッグ&ドロップ。

これで編集可能になる。

f:id:hrmch-ioii:20170403172011p:plain

Googleスプレットシートとして保存すれば、自分のGoogle Driveに保存することだってできるし

Googleにログインしていればどこでも見ることも、編集も可能。

f:id:hrmch-ioii:20170403172233p:plain

スプレットシート化したら、メニューもこれだけ増える。

f:id:hrmch-ioii:20170403172436p:plain

PDF化することも可能だ。

これで、OpenOfficeでExcelファイルを開いたあと、PDF化しようとした時に起こる文字化けともおさらばできる。


これだけのことができたら、普段使いのExcelはもういらないんじゃないかな。

タダで、これだけの機能ができたらお金出してまでExcel買わないよ。

しかも、グーグルにログインできる環境さえあれば、MacだろうがWindowsだろうが関係ないしね。

なんならソフトダウンロードしなくたっていい。