ニートが怖くて生きていけるか

年収780万を捨てて我が道をゆく

福島県飯坂温泉もにわの湯の日帰り入浴が旅人におすすめ

f:id:hrmch-ioii:20170209150257j:plain

思い立ったらほぼ無計画で旅にでる @nabeemichi です。

旅をしてると、お風呂に入れない日なんてのはざらに発生するんですね。 野宿するポイントの近くにお風呂なかったりして。 お風呂入れなかった次の日はできるだけ温泉めがけて旅したりするんです。 だって風呂入りたいでしょ。ただでさえ旅と野宿で疲れてるんだもん。

道の駅安達で車中泊して、お風呂入ってないので福島県飯坂温泉のもにわの湯をめざしました。

www.nabehiromichi.com

www.nabehiromichi.com

www.nabehiromichi.com

地図

福島市から国道399号線を飯坂温泉方面へ走り、飯坂温泉をこえて茂庭っ湖近くにあります。 飯坂温泉を過ぎたあたりからは、ずっと上り坂なのでちゃりで旅するチャリダーにはしんどい。

歴史

もには温泉は、ダム建設の調査試掘で湧き出た温泉。 たまたまみつかったラッキーなおんせんなんですねー。

もにわの湯 | 飯坂温泉オフィシャルサイト

日帰り入浴料

大人250円

安い! 長期で旅するとお風呂代も馬鹿にならなくなってくるので、これは嬉しい価格。 僕も検索して料金安いのでここに決めました。 この価格でしかも温泉はなかなか入れないんじゃないでしょうか?

無料休憩所が畳で一眠りできる

旅していると温泉入ったあと、疲れがどっと出て眠くなったりするんですよね。 そんなときに畳の無料休憩所があると暖かい場所で一眠りできて嬉しいんですが、 ここにも畳の無料休憩所があります。

f:id:hrmch-ioii:20170209152626j:plain

座布団も完備してるので、野宿初心者だったり、寒すぎてあまり寝れなかった場合はお風呂入ったあとに仮眠できる。 僕もここで30分ほど記憶をなくしました。

無料休憩所がのどかでフリーダム

普通温泉施設の無料休憩所って持ち込みの食べ物とか禁止だったりするんですけど、 ここはみなさん自分の家から持ってきたお菓子とかお昼ごはんとかを広げて食べてました。 公式に持ち込みOKとは書いてないですが、OKっぽい。

さらに、食器洗うシンクとかお湯が入ってるポットとかもおいてありましたね。 完全に地元の方の憩いの場。 入浴料金250円ですからね。 僕もここの近くに住んでたら毎日来てのんびりしちゃいそう。

お風呂スペック

内風呂と露天風呂があります。 どちらも大きくはないけど、250円で露天風呂にも入れるなら満足です。

お風呂装備

体洗うようのシャワーなどは、6個ほどありますが…

ボディーソープやシャンプーなどの石鹸類は未装備

フロントで固形石鹸の植物物語とか小さなシャンプーとかは売ってますが、 旅人は基本的にシャンプーとかは必要ないでしょ! 固形石鹸1つカバンの中に入れて旅してるから問題なし! 頭も体の一部!石鹸で髪まで洗えばきれいになれる。

近くにキャンプ場がある

車で3分ほどのところに3つのキャンプ場があります。

  • 茂庭広瀬公園キャンプ場
  • すりかみキャンプ場
  • 茂庭滑滝キャンプ場

夏場だったらココらへんのキャンプ場を今晩の寝床にして、温泉入ってゆっくり旅するのもいいですねー。 寝床の近くに温泉あるのは旅人にとっては理想的な場所。

冬のダムはきれい

摺上川ダムのすぐ近くにあるので、お風呂上がりにダムを見に行くこともできます。

f:id:hrmch-ioii:20170209155209j:plain

僕が行ったときは、朝に雪が降ってたのでダムが真っ白になってました。

WiFiはない

無料休憩所があっていいのですが、一つだけ残念なことが…

ここWiFiがないんですよ… なのでネット使いたい場合なんかは利用できませんね。 温泉入ってゆっくり旅の情報収集とかしたいのですが、ここではできません…

次の目的地

ここまできたら、ちょっと回って蔵王に行けますね。 そのまま戻って仙台で牛タン食べることも、山形県の米沢に行って米沢牛を食べに行くのもいいなー。 旅の中継地点としてはいい場所な感じです。